公的年金について、全般的なことを説明していきます。

公保険_公的年金

公保険_公的年金

少子高齢化の進む日本。年金保険料未納問題や年金記録紛失問題など、何かと話題になった公的年金制度に、将来の不安を感じている人も多いかと思います。そもそも、公的年金制度とはどのような仕組みなのでしょうか。

日本の公的年金制度には、「国民皆年金」「社会保険方式」「世代間扶養」という特徴があります。

国民皆年金とは、20歳以上の日本に住んでいる人であれば、国籍に関係なく、公的年金制度に加入しなければならない(加入する義務がある)ということです。国民年金制度に加入することで、基礎年金給付が受けられます。国民皆年金により、安定した保険集団を確保し、社会全体で老後の所得保障に対応するというわけです。

公的年金制度の加入者は決められた保険料を納付し、その保険料を財源として年金を支給する社会保険方式という仕組みを採用しています。基本的に、保険料を納めなければ年金を受け取ることはできず、納めた期間が長いほど支給される年金も多くなります。

なお、公的年金制度の財源は保険料だけでなく、半分は税金でも賄われています。年金を受け取るには保険料の納付が必要と述べましたが、これにより、保険料を納付することが経済的に困難で、保険料の免除が認められた場合にも、免除の種類と期間に応じて年金が受け取ることが可能となっています。

公的年金制度は、社会全体で高齢者を支えるという世代間扶養の考え方に基づいています。そのため、自分が納めた保険料を将来の財源とする積立方式ではなく、現役世代の保険料を年金を受給している世代の財源とする割賦(かっぷ)方式となっています。

高齢者は、かつては子どもによる扶養や私的な貯蓄により老後生活を送っていたわけですが、経済状況に影響される面が大きいといえます。また、平均寿命が大幅に伸び、老後生活が長期化する傾向にあるため、貯蓄が尽きてしまう恐れもあります。現役世代が保険料を納付し、社会全体で高齢者得を支える公的年金制度は、そのような不安を取り除く役割もあるのです。